チャンピックス 副作用 吐き気

チャンピックスの副作用で吐き気を伴うこと先生に説明された方も多いとおもいます。私もチャンピックスの1mgの服用時に吐きげの副作用に悩まされました。吐き気というか、私の場合は胃痛でした。朝にチャンピックスを服用後出社。そして2時間位が経った頃でしょうか。異常に胃が痛くなって、仕事がまったく手がつけられなくなりました。当時、私が勤務していたのは工場のライン工だったので、わたしが遅れると全ての工程が遅れてしまいます。このため、早めに申告してこの日は早退しました。あの時のことは今でもよく覚えています。

チャンピックス0.5mgについては、なんの違和感もなく服用できたのですが、8日目以降の1mgについては、一日2回の服用は私にはとてもきつかったです。なので、次の外来時に先生に相談し、禁煙状態も順調だったため、朝の服用をやめることにしました。夜1回寝る前に服用することでよく眠れましたし、朝も副作用の心配がなく出社でき、禁煙にも影響が出なかったので大変助かりました。

チャンピックス 吐き気 対策


今思えば、当時は朝食を殆ど取らない生活でした。朝起きて用意をしてお薬を服用して出かけるといった感じでしたね。よく言われることですがお薬は食後に服用して消化に気をつけなければならないという事を守っていませんでした。たしかにチャンピックス1mgを一日2回を服用するのはわたしにはきつかったかもしれませんが、食事後にお薬を飲んでいれば少し違っていたでしょう。

対策というか、アタリマエのことですが、チャンピックスで吐き気、胃痛を伴わないようにするためには最低限の食事を取り、お薬の消化を助けるような状態を整えておくべきです。それでも胃痛や破棄げに悩まされる場合は、禁煙外来の先生に相談してみましょう。わたしのケースのように服用の量を減らすという選択肢がでてくるかもしれません。人によって持っておくといいのは、ピルカッターですね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。