チャンピックス 副作用

チャンピックスを利用する際に心配な副作用。私もいろいろと悩まされました。こちらでは禁煙外来で処方されるチャンピックスの服用時に悩まされる副作用を、インターネットでの相談、悩みなどを参照にして多くの方にその症状が確認できているものについて、わたしの経験も踏まえて書いていきます。

チャンピックス 副作用 うつ


チャンピックスには、軽度の副作用として、めまい、意識障害、眠気などが起こる可能性があり、服用中は車の運転は控えなければなりません。

その他にも、吐き気、頭痛、睡眠障害、悪夢、味覚障害、便秘なども例が挙げられます。

うつ症状は、私はなんとなく鬱気分になった気がしたように記憶していますが、タバコが吸えないという気持ちを抑えられないほどのヘビースモーカーであれば、心の健康を強く害してしまうかもしれません。

心配な場合は、ストレスを発散させるための、何か代わりになるものを行いながら治療に励んでみてください。わたしのおすすめは、飴とコーヒー。口元が寂しくなるのでイライラしてしまうという方も多く、知恵袋などを見ていると、飴とコーヒーのコンビで紛らわしたという声も多かったです。これは私もしました。

チャンピックス 副作用 吐き気


私が経験した副作用で一番多かったのが吐き気です。胃があれて痛みがひどくなって会社を早退したこともあります。

私は一日10本程度の喫煙者でした。スターターパックを初めて2週間め、0.5mgから1mgに切り替えた時から吐き気を感じる日が多くなりました。

私の場合、お薬の効き目が強すぎたんだと思います。そこで私は1日2錠から1錠にし、夜のみ服用することにしました。

1日2錠から1錠に切り替えてからも、朝から日中は特にタバコが吸いたいという気持ちにはなりませんでした。

自分には体の負担がキツイと感じたら、2錠から1錠の服用に切り替えてみるのも一つの手だと、以前の経験から感じます。

チャンピックス 副作用 太る


これは、ある意味嬉しい副作用でもあるのですが、食べ物が美味しいです。太りやすいのは、タバコを吸っていた時よりも味がおいしく感じて食欲がわき、よく食べるという結果です。しかし、ストレスで太るという体質の方には注意が必要ですね。といっても、服用中はどうしようもありません。

ストレスで太る体質の方は、タバコが吸えないことが原因でストレスを抱えるんですよね。この場合は、上述したような口元を寂しくしないような対策をご自身で施策して2週間めまでは耐えましょう。



チャンピックスには、うつや吐きげなど、つらい副作用は我慢しなければなりませんが、ヒドイ時は服用量を減らすなどをして続けることが大切です。その後、寝起きが良くなり、頭の血の巡りが良くなるのを感じ、髪のコシ、ハリが良くなることが体験できるでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。